スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
<ビストロ サンファソン>
Bistoro Sans Façon(綱島;横浜市)

<Bistoro Sans Façon>
こちらは東急東横線綱島駅より徒歩10分ほどの所にあるフレンチビストロです
今回なぜこちらのお店にお邪魔したかと申しますと、こちらでは美味しいお料理に合わせて美味しいパンをと言うことで昨日までご紹介しておりました、大倉山の<トツゼン>さんのバゲットを使われているとのことなので今回伺ってみました


<Bistoro Sans Façon>
“ビストロ”は、フランス語で「簡単なお食事もできる酒場」と言う様な意味で、また“Sans Façon(サンファソン)”は、「気取らすざっくばらん」という意味なのだそうですね
なのでフランスによくあるビストロをイメージされているそうです。

<Bistoro Sans Façon>
道路から数段の階段を降りるとウッドデッキ、フランス風のステキな玄関でお出迎えです

<Bistoro Sans Façon>
店内は茶色を基調とされたとてもシックな造りでカウンター席の他、テーブル席も沢山ありゆったりとお食事とお酒が楽しめます
ちなみに手前のイスに見える手提げの袋は<トツゼン>さんの袋です<トツゼン>さんで買い物した帰りに伺ったので…

<Bistoro Sans Façon>
逆サイドからエントランスの方を見るとこんな感じになります

<Bistoro Sans Façon>
シェフやマダムとお話ができるカウンター席も魅力的

こちらのオーナーでいらっしゃる隅シェフは、<ザホテル横浜>(現モントレー横浜)、品川の<ストリングスホテル東京>や横浜の有名洋食店などでキャリアを積まれて、渡仏されてご修行されたそうです。そのフランス時代にお料理のみならずパンの美味しさにも惹かれ、帰国後は<グランドハイアット東京>でパンのお勉強もされてその後、独立しこちらのフレンチビストロを約2年前にオープンされたそうです


それではこれから戴いたランチをご紹介していきますね~

人気ブログバナー


<Bistoro Sans Façon>
ランチのメニューはこんな感じです。
ランチは、日替わりを含め5~6点のメニューから選べ、どれも¥980ととってもリーズナブルなんです
なので店名のとおり、気軽にフレンチを楽しむ事ができちゃうんです

で、私が今回戴いたのはこれ…

<Bistoro Sans Façon>
ワンプレートランチ(¥980)
ワンプレートランチは、スープ・サラダ・メイン・パン・デザート・ドリンクと言う内容です
このワンディッシュに乗っているのは、スープ・サラダ・メイン・パンまでで、デザート・ドリンクは食後にサーブして下さいます。

<Bistoro Sans Façon>
ワンプレートランチのメインは、鶏ムネ肉のピカタでした
ピカタというのは、お肉に小麦粉をはたき卵をくぐらせて焼くお料理です。一般的にはポークピカタだそうですが、本日は鶏肉で。いずれにしてもお肉は薄めのお肉を使われるそうです。厚いとお肉に火が通るまでに卵が焦げちゃうから。

<Bistoro Sans Façon>
ムネ肉がしっとりふっくらやわらか~いお肉に味付けられたお塩がすごく美味しいのとまた合わさるトマトソースの甘味がこの上なく絶妙なマッチングですごーく美味しいですピカタの衣となる卵がまろやかなのね~

<Bistoro Sans Façon>
お肉をめくってみると、なんとじゃがいもといんげんが敷かれていましたわ。

<Bistoro Sans Façon>
そのお隣にはなすとズッキーニが。いずれのお野菜もしっかりとこのくらい焦げ目がつくくらいまで焼くとお野菜本来が持つ甘味が引き出されるのだそうです。どれもエキスたっぷりいきいきとしたお野菜が美味しいです。付け合わせではなくメインになるほどの美味しさです


<Bistoro Sans Façon>
そしてこれが<トツゼン>さんのバゲットです
隅シェフは、元々お店で出すパンは自分で焼こうと思っていらしたそうですが、機材など無理な面があり仕入れることにされたそうです。で、色々なパン屋さんのパンを食べてご自分のお料理に合うのはこのパン、しっかりと焼き込まれた<トツゼン>さんのパンだと言うことにになり決められたそうです。

低温長時間発酵でじっくりと熟成されたバゲットは粉の旨味が最大限引き出されていてお料理のソースともよく絡み、旨味がより一層引き立つ相乗効果を発揮します。


<Bistoro Sans Façon>
こちらが本日のスープ北海道産にんじんの冷製ポタージュです。

<Bistoro Sans Façon>
ひゃ~ナニコレ~んんもうめっちゃ美味しいんでっす具材を知らないでいただいたらたぶん、にんじんだと思う方は少ないのでないかと思うほど、にんじん臭さが全くなく、とろ~りまろやかで甘くてとにかく美味しい~。さらりとした飲み心地は本当に素晴らしいさらにもっと驚く事はポタージュなのですが、牛乳もバターも生クリームも何も乳製品は使っておらず、にんじんをお水でのばしただけと言うじゃありませんか素材を活かすと言うのはこういう事をいうのだと感激させられます。「参りました」脱帽ものの美味しさです



…と、ここまでがワンプレートのお食事でしたが、次は食後のデザートタイムです




<Bistoro Sans Façon>
こちらがデザートです。「ええ、ワンプレートランチでこんなに立派なデザートが出てきちゃうの」とスープに引き続きびっくり続きです
…と思いましたら、実は、名古屋コーチンのプリンはシェフのプレゼントだったんです
んんもう本当に感謝感謝でいっぱいです
なので、ワンプレートランチには“名古屋コーチンのプリン”は付かないのであしからずです

<Bistoro Sans Façon>
こちら、“名古屋コーチンプリン”でございます。
卵は名古屋コーチンの卵黄だけを使い、その濃厚な卵に負けないよう牛乳も乳脂肪4.6%と言う超濃厚な牛乳を使って作られる幻のようなプリン様でございます

<Bistoro Sans Façon>
所謂、カスタードプリンでもなく巷で流行っているなめらかプリンという範疇でもなく独自の路線を行く、実に実に美味しい濃厚プリンです。濃厚故にお口の中ではしっかりとした食感はあるもののするするっととろけていく口溶けの良さ、素材の濃厚さを実感する味わいは究極です。ためいき出ちゃうほど美味しいです脱帽続きで頭が上がりません




<Bistoro Sans Façon>
こちらが“ムラングシャンティ”です。
こちらが本来のワンプレートランチのデザートです
メレンゲをサクッと焼いたもので生クリームとバナナをサンドしたスイーツです
真横から見るとこんな感じですうわわ~ふんわり生クリームがた~っぷりですぅ

<Bistoro Sans Façon>
ご覧下さい。メレンゲもとってもキレイプリンでは卵黄しか使わないので、その残った卵白でこのメレンゲはできているそうですなのでこれも名古屋コーチンを使った、ブランドメレンゲです。普通メレンゲを作るときは卵白に対してお砂糖は同量もしくはそれ以上入れるそうなのですが、このメレンゲは卵白に対して50%しか入れていないのでサックサクのとっても軽い食感になるそうです。食後のデザートなのでなるべく軽くなるように仕上げられているそうです。
サックサクでお口の中でふわっととろけるこのメレンゲも絶品

<Bistoro Sans Façon>
メレンゲのふたをちょっとはずしてみました
すると、中にはふわふわ生クリームとバナナがた~っぷり入ってます
このスイーツの名前の“ムラングシャンティ”ですが、“ムラング”はメレンゲ、“シャンティ”は生クリームの意味です正に名前のとおりで生クリームたっぷり。



<Bistoro Sans Façon>
コーヒー・紅茶から選べるドリンクは、コーヒーに


驚きの連続だった隅シェフの絶品お料理と、<トツゼン>さんのバゲットとともに美味しく幸せな一時をすごさせていただけました
次回はシェフ自信作の“フリカデル”と言う<サンファソン>さんオリジナルのハンバーグをいただきに行きたいと思います
<Bistoro Sans Façon>さんのランチ、是非是非オススメです




『人気ブログランキング』参加しております
お帰りの際良かったらポチっとお願い致します人気ブログバナー

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

【2009/09/27 17:00 】
ランチ | コメント(6) | トラックバック(0)
<<<Biggy>その1 | ホーム | 続々<トツゼン ベーカーズ キッチン>>>
コメント
こんにちは(゜▽゜)/

気取らずに フレンチがいただける ビストロは、良いですね~♪
値段も リーズナブルなのも 良いですね。
プリン好きなので、濃厚プリンだけでも 食べてみたいデス!!!
自家製パンを 出す店もあるけれど、自分の料理に合うと見込んだ パン屋さんのパンを 使用する店も 多いですよねぇ。
例えば、マツシマ(神戸)は、コム・シノアに マツシマ専用のパンを 作ってもらっているみたいですし‥‥
【2009/09/27 17:56】
| URL | マロンまろん #-[ 編集] |
>マロンまろん さん
こんばんは。
一人でふらっとランチに行かれるようなビストロは本当にありがたいですねv-498
リーズナブルなのも嬉しいポイントでe-290
この名古屋コーチンのプリンは究極ですv-424
これはマロンさんにも是非召し上がっていただきたい逸品ですv-352
【2009/09/27 18:52】
| URL | kurumichan #-[ 編集] |
名古屋コーチンプリンのテイクアウトがあれば良いのになあv-10

くるみちゃんステキなランチタイムを過ごされて羨ましいわv-238
【2009/09/27 21:02】
| URL | yuki #-[ 編集] |
>yuki さん
こんばんは。
今日もご満足いただけて私も嬉しいですv-411
ワンプレートとはいえ、シェフの技が一枚に凝縮されて素晴らしいお料理でしたv-271
で、またこの名古屋コーチンのプリンも絶品でv-343
本当にこのプリンは機会があったら是非召し上がって頂きたい逸品ですv-20
【2009/09/27 22:20】
| URL | kurumichan #-[ 編集] |
ビストロサンファソンシェフです
ブログに
載せて頂き有り難うございます凄く綺麗な
写真とコメントびっくりしました


毎日美味しそうなパンを見ると食べたくなりますよ


時間ができたらおすすめの
パン屋に是非
足を運びたいです


いつになる事やら・・・


これからも美味しい料理とパン、ワインを提供していきますので宜しくお願いします


一つ訂正が

ワンプレートのデザート
名古屋コーチンプリンはサービスさせていただきました
言うのを忘れてすいませんでした

【2009/09/28 10:21】
| URL | ビストロサンファソン #-[ 編集] |
>ビストロサンファソンさん
こんばんは。
早速のコメントありがとうございましたv-435
ご指摘の部分はすぐさま訂正させて頂きました
一つのプレートの上に凝縮された美味しさの絶品の
お料理たちに感激をせて頂きましたv-343
またお邪魔させて頂きますねv-411
こちらこそよろしくお願い申し上げますv-421
【2009/09/28 19:48】
| URL | kurumichan #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://panyatour.blog58.fc2.com/tb.php/1352-f7289b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。