スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
<SEIJI ASAKURA>その1
BOULANGERIE SEIJI ASAKURA(高輪;港区)


<SEIJI ASAKURA>
こちらは都営浅草線高輪台駅より徒歩5分、JR品川駅より徒歩10分ほどの所にあるパン屋さんです
高輪警察署を目指すとすぐにわかります
昨年9月1日にオープンされたばかりのまだまだホットなショップです
フランスのアンティークの赤い扉がとてもかわいくてステキ

<SEIJI ASAKURA>
こちらのオーナーでいらっしゃる朝倉誠二シェフは3年間フランスでのご修行の他、ドイツ・ブレーメンでもご修行され、国内ではご出身の徳島でパン屋さんの立ち上げに携わり、また食材のメーカーでのコンサルタントなどをされて来られた凄腕のパン職人さんでいらっしゃいますそれにとっても男前

<SEIJI ASAKURA>
赤いフランスのかわいい扉を押して入ると、白い壁に赤いタイルが印象的な清潔感あふれる店内。中もとてもかわいい~両サイドにパンがずらりと並べられて奥がオープンキッチンの厨房になってます。
低めに設えられた棚に並ぶパンたちを真上から見ることが出来るので、とても見やすく選びやすいのも嬉しいですちょっとご試食があるのも嬉しいサービスですね

<SEIJI ASAKURA>
向かって左サイドのテーブルにはバゲットやライ麦を使ったパンなどのハード系のパンたちが並びます。

<SEIJI ASAKURA>
右サイドには食パンを始めとしてクロワッサンやデニッシュ生地などのヴィエノワズリーだけではなくあんぱんにクリームパン・メロンパンなどの日本を代表するお菓子パンもしっかりとスタンバイオシャレなサンドイッチもありますよ~。
…と、ラインナップは幅広く毎日40種類ほどを焼かれているそうです


<SEIJI ASAKURA>
「一つ一つのパンに全て思い入れがあるんです」と熱く語る朝倉シェフに伺ってみると、例えばこちらのクロワッサン本場フランスのクロワッサンは大きめのサイズでふっくらとしている物が多いですが、それはフランスのバターがあるからこそできるもので日本のバターで作るのならばやはりそのバターの特性に合わせたものを作らなくてはいけないと。フランスのバターと日本のバターでは乳味が違うのでその特性を鑑みると、日本のバターの味を強く引き出せる層の数にして小さな形状にすることで火通りを良くして焼き上げられているそうです。


<SEIJI ASAKURA>
こだわりはそれだけではなく、朝倉シェフは3種類の自家製酵母を作られてパンを焼かれているのですが、その一つがこちらシェフのご出身の徳島の名産の柚子から培養した“ゆず酵母”で作られるあんぱんたち
徳島には最大の名産であるすだちがあるのですが、すだちは繊細過ぎて香りがあまり引き立たないと言うことで柚子を使われているそうです。


<SEIJI ASAKURA>
クープがくっきりと美しい顔立ちのハード系のパンたち。フランス生地のもの、シェフがブレーメンで学んだライ麦の美味しさを引き出したライ麦のパンたちがまるでオブジェのようにディスプレイされています

<SEIJI ASAKURA>
先ほどあんぱんの所で3つの自家製酵母を作られていると書きましたが、2つめはブドウ酵母。ブドウから培養した天然酵母の仕上げにボーヌ・ロマネ(ブルゴーニュワイン)を使用して作られる自家製の種。その種と極々微量のイーストで焼き上げられたシェフご自慢のバゲットたちです
3つめの酵母は追ってご紹介しますね~


それではそろそろ買って来ましたパンたちをご紹介していきますね~

人気ブログバナー




クロワッサン
クロワッサン(¥148)
先ほど上でもご紹介しましたクロワッサンです
長さは12cm×幅7cm、厚みは5cmほどのおおきさです。
クロワッサン
バターの美味しさを引き出すために折り込む層にこだわられたと言うこのクロワッサンの層は本当にくっきりご覧下さいませまたこの端っこの部分がカリカリで香ばしくて旨~い
表面の皮はもちろんハラホロサックサクでです
クロワッサン カット
中はこんな感じです小ぶりちゃんに成形されているもののふっくらと伸び上がっています。パッリパリの皮に包まれた中の生地はしっとりふんわ~りやわらかぁ層もくるくるっと均一に巻かれていますで、このクロワッサンの特筆すべきは、そのサックサクの食感もさることながらやはりバターのお味朝倉シェフが「日本のバター」の美味しさを最大限に引き出すことに注力されただけあり本当に香ばしさと甘みが濃厚で美味しいんですお口の中にふわっと広がる甘みと喉もと過ぎる時に鼻からスッと抜けて行く香りがもうたまりません。小ぶりちゃんというこの食べやすい大きさも手伝ってあっと言う間の1個完食でっす是非オススメです





クランベリーとクルミ
クランベリーとクルミ(¥248)
レーズン酵母のフランスパン生地の中にクランベリーとクルミをたっぷりと練り込み焼き上げられたハード系パンです。
長さは20cm×幅7cmほどの大きさです。
クランベリーとクルミ
横から見た表面の皮はこんな感じです皮はバリッと焼き上がりナイフの刃もはじくほどカリカリです
くっきりと入ったクープの所に刃を合わせてカットしてみると…
クランベリーとクルミ カット
中はこんな感じですバリっと香ばしいハードな皮に包まれた中の生地は程よい水分のしっとり感がありもーっちりとした噛みごたえのある食感ですルビーのように美しい赤色のジューシーなクランベリーは甘酸っぱく、カリコリの香ばしいローストクルミのオイル分が生地にしっくりと馴染みます。ほのかなブドウ酵母のさわやか~な香りが鼻をくすぐりますその香りを楽しみながら噛み込むと濃厚な粉の旨味に驚かされます何しろ旨味が濃くてすごーーく美味しいんです酵母の甘みと粉の香ばしい旨味との競演まだまだ揃う朝倉シェフのハード系パンに興味津々です是非オススメです



『人気ブログランキング』参加しております
お帰りの際良かったらポチっとお願い致します人気ブログバナー




スポンサーサイト

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

【2009/01/27 17:00 】
パン | コメント(14) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。