スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
<レジオン>その1
フランス菓子と天然酵母のパンの店 Region(センター北;横浜市)


Region
こちらは横浜市営地下鉄センター北駅より徒歩3分ほどの所にあるケーキとパンのお店です
フランスでのご修行の経験のある藤巻正夫シェフのお店です10月で11周年を迎えられたそうです

Region
角の立地を活かしたフランスのカフェ風の造りがとてもステキです

Region
店内はとても広く焼き菓子、パン、生ケーキと順番にゆったりと見てお買い物ができるようになってます


Region
やはり1番最初に目に飛び込んでくるのはショーケースの生のスイーツたち
こちらのフランス菓子は旬の素材を使ったものが多く季節ごとにどんどん変わるそうです。四季折々楽しみですね~

Region
ケーキショップなので当たり前ですが、焼き菓子の種類の豊富さにも目を奪われるほどラッピングもかわいくキレイで見てるだけでも楽しくなっちゃいます


Region
こちらのガラスのショーケースにはお菓子パンやヴィエノワズリー、フォカッチャなどのお総菜パンが並んでいます。こちらのケースのパンたちは生イーストで発酵したパンたちです。

Region
そのお隣にはハード系のパンたちが並んでいます。ハード系のパンは自家製のぶどう酵母、自家製のライ麦酵母、ホシノ天然酵母をそれぞれのパンに使い分けて作られているそうです。

Region

『体を作るパン』がモットーという藤巻シェフの素材へのこだわりは半端ではなくすごいんです

小麦粉…北海道産・熊本県産などの国産小麦のみ使用
全粒粉…岩手県産の南部小麦・熊本県産の無農薬小麦など
酵母…自家製のレーズン酵母・ホシノ酵母
天然塩…「太古の海」聖地チベット高原の2億5千年前の太古の塩。ミネラルが豊富な湖塩だそうです。
水…生体エネルギー水。なんでも教育型浄水活性器を通した水だそうで波動測定で免疫、ストレス、ガン、バランスなどすべてが最高の+21となるとにかくすごい水だそうです。

このような原材料を元に作られる<レジオン>さんのパンは安全で安心ミネラルや食物繊維、ビタミンなどを自然に摂れるパンなのだそうです




Region
こちら<レジオン>さんにはステキなカフェもありショップのケーキや焼きたてのパンの他、ランチやテイクアウトはできないカフェ限定のオリジナルメニューも楽しむことができます

Region
右側は全面ガラスの扉になっているのでとっても明るく気持ちの良いカフェです

こちらのカフェでランチとスイーツをいただいてきましたのでご紹介していきますね~

人気ブログバナー


レジオン・リエット
サンドイッチ;レジオン・リエット(¥450)
国産小麦とライ麦・天然塩・天然酵母を使用し、もちきび・ひえ・はと麦・アマランサス・もちあわ・丸麦・キヌア・玄米の8種類の穀物と黒ごまを練り込んだ“パン・ド・レジオン”を使用したサンドイッチです。
レタス・トマト・きゅうり・ゆで卵・豚のリエット(コンビーフ)と特製味噌マヨネーズをサンドしてあります

レジオン・リエット
パンはしっとりとしてもっちりとしたかなり噛みごたえのある食感のパン生地です。少々酸味もありますが、サンドされた豚のリエットと味噌マヨネーズがまろやかに食べやすくしてくれます
豚のリエットは箱根のオーベルジュ<レストラン 草庵>さんからお取り寄せされています。
全く臭みもなく全くクセもないのでパンの中の存在すら忘れてしまいそうなほど。。
パン自体がどっしりと重たいのでかなりなボリュームとなり満足のいくサンドイッチです


スープ
本日のスープ;海塩スープ(¥260)
サンドイッチをオーダーするとスープをセットにできます。単品では¥310。ただセットにするとカップスープになってしまいますが
人参・玉ねぎ・じゃがいも・わかめがたっぷりの天然塩の塩味のスープでオリーブオイルとバジルの風味で仕上げてありますお野菜ごろごろとわかめもたっぷりで海の香りのスープしっかりとした塩味ですが甘味のある塩味がとても美味しいオススメです

スープはこの他にマクロビオスープという動物性食材を一切しないマクロビオ料理のスープもあります


ランチデザート
11:00~14:30の間にメニューの中からお食事をするとプチデザートをサービスして下さいます
私にはペチカというホワイトチョコのケーキを出して下さいました。淡いピンクがとてもかわいらしくクリーミーでさわやかで美味しいケーキでした



これでお腹もすごーく満足だったものの、1つどうしても気になるメニューがあって食べるかやめるかかなーーり迷ったのですが、やっぱり後悔するのも嫌なので食べることにしました


ピュイダムール・マロン
ピュイダムール(¥570)
熊本県産和栗をふんだんに使った秋冬限定のスイーツ
お持ち帰りのできないカフェでのみいただけるお菓子です。
オーダーが入り次第キャラメリゼするので待ち時間10分ほどかかります
“ピュイダムール”はフランス語で直訳すると『愛の井戸』と言う意味で通常は『愛の泉』と呼ばれるお菓子です

ピュイダムール
パイ生地の中に栗の渋皮煮を丸ごと1個とマロンペーストとマロンペースト入りのパティシェール(カスタードクリーム)を入れ最後にキャラメリゼされたフランスの伝統を感じられるスイーツです。

ピュイダムール
メニューにはこのように説明書きがありましたこうして下さるとわかりやすいですね。

パッリパリのキャラメリゼを割るととろ~りとマロンペースト入りのカスタードが出てきました。濃厚でかなり甘いですが美味しいパイ生地もハラホロサックサクど真ん中には栗の渋皮煮がどしんと構え正に栗づくしの栗好きにはたまらない逸品です。オススメです



『人気ブログランキング』参加しております
お帰りの際良かったらポチっとお願い致します人気ブログバナー
スポンサーサイト

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

【2008/11/23 17:00 】
パン | コメント(10) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。