スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
<JOE>
boulangerie JOE(葛西;江戸川区)


<JOE>
こちらは東京メトロ東西線葛西駅より徒歩15分ほどの所にあるパン屋さんです
7月8日にオープンしたばかりのホットなお店です
道順は葛西駅南口を出たら環七を真っ直ぐ南へ、東武ストアを超えてカーコンビニクラブを左折して突き当たり右側です

<JOE>
<JOE>さんのオーナーさんでいらっしゃる間々田雄一シェフはホテルオークラのご出身です。ホテル退職後は千葉のベーカリーさんで後修行を積まれて、独立しこちらのお店をオープンされました。
店名の“JOE(ジョー)”ですが、シェフのお名前でもないし何だろうと思ったらなんとシェフが『明日のジョー』の大ファンと言うことで命名されたそうです。

で、そのこだわりこんなところにも…

<JOE>
なんとドアの取っ手が“J”なんでっす
ささ、ではこの“J”を押して中に入ってみましょう。


<JOE>
横に幅広い店内は白と茶色で統一されてシックな造りがとてもステキです
パン棚の上にある窓からは工房内が一望できちゃうんですよ~

<JOE>
反対サイドから見るとこんな感じです


<JOE>
<JOE>さんの営業は午前の部と午後の部と分かれています。
午前の部は、8:00~12:00位まで(売り切れ次第)
午後の部は、16:30~18:30位まで(売り切れ次第)

…となっています。いらっしゃる方はご注意下さいね
とにかくスゴイ売れ行きで私が到着したのが、10:30位でしたがもうすでに半分くらいのパンが売り切れてしまってました

<JOE>
オーブンの前で間々田シェフがパンの成形をしていらっしゃるところです。


<JOE>
パンのラインナップは主力のハード系を始めとして食パン、焼き込みやカスクートなどのお総菜系、お菓子パン、クロワッサンやパンオレザンなどのヴィエノワズリーたちなどと揃い約30種類をスタンバイされていらっしゃるそうです
午前の部しかないパンもあるそうですよ~


<JOE>
シェフこだわりの角食パンとイギリスパン


<JOE>
パンに合わせて戴けるようEXバージンオリーブオイルやはちみつ、ジャムなども販売されています。




<JOE>
玄関脇にはウッドデッキがありテーブルとイスもあるので焼きたてのパンをこちらでいただくこともできます



それではそろそろ買ってきましたパンたちをご紹介していきますね~


人気ブログバナー



クロワッサン
クロワッサン(¥160)
フレッシュバターだけで折り込んだ本格派のクロワッサンです
長さは13cm×幅8cmほどの大きさです。
クロワッサン
1枚1枚薄く折り重なる層はこんな感じですトングで挟むだけで、また袋から出すだけで表面がはがれてしまうほど皮はハラホロサックサクです
こんがりとした濃いめの焼き色からも香ばしい香りが漂います
クロワッサン カット
中もくるくるっと隙間なく均一に巻かれていますパリカリッとした表面とは対照的に中はしーっとりとふんわりやわらか~バターのクリーミーな香りもとても馨しいのですが、お味も濃厚。やわらかい生地を噛むとほわっと口の中にバターのコクのある甘みが広がります。クロワッサンには塩気が強いタイプと甘めのものとありますが、<JOE>さんのはバターの甘みが活かされたクロワッサンです。すごく美味しいですサクサクの食感、バターの香りとお味とが全て完璧な美味しいクロワッサンですオススメです





くりーむぱん
くりーむぱん(¥140)
きび糖を使用した自家製のカスタードクリームを包んだくりーむぱんです
10.5cm×6.5cmほどの大きさです。
くりーむぱんカット
バニラビーンズもたっぷりと入ったカスタードクリームはぽってとしてなめらかでとても濃厚。きび糖の深みのある甘さがコクを出してすごーく美味しいカスタードクリームですたっぷりのバニラビーンズが心地よく甘いバニラの香りを漂わせてくれていますパン生地はしっとりふんわりやわらかな菓子パン生地でカスタードとともにお口に入れるととろけていくような口どけの良さです。パンをちぎって口に運びながら思わず「うふん、幸せ」と言いたくなってしまう美味しさ。オススメです





バゲット・ジョー
バゲット・ジョー(¥280)
長時間熟成発酵させ、粉本来の甘みと香りを引き出したバゲットです。
たぶんこれをご覧になっている皆さん、「ええ曲がってない」と思われているとおもいますが、そうなんです店名を象って“J”と言う形に成形されているんです。スゴ~イここにもこだわりが。。
長さは50cm×幅6.5cmほどの大きさです。
バゲット・ジョー
クープを1本にすることで軽い食感になるように仕上げたそうです。
ちなみにこの“ジョー”と同じ生地のバゲットで真っ直ぐに成形されクープを斜めに入れている“ミュール”と言うバゲットもあります。
バゲット・ジョー カット
皮はバリッと焼き上がりナイフの刃もはじくほどカリカリですせっかくの“J”を崩すのはもったいないような気もしますが、ナイフを入れるとバリっと良い音を響かせてくれますクラムは大小様々な大きさの気泡がぽこぽこと口を開け、クリーム色がかった生地が美しく輝きます気泡も色も美味しさの証明ですねパリパリの香ばしい皮の中は程よい水分(しっとりとした潤いがあります)があり、もっちりとした食感。引きもなく歯切れ良くいただけます。噛むほどに、「はぁ~なんて粉の旨味を感じるバゲットなんだろう」とつくづく実感できるほど美味しいバゲットです時間が経ってしまっても引きが出ずあまり硬くもならないのも嬉しいポイントあまりの生地の美味しさにおかずと合わせることもなく、バターだけで1本食べきりましたオススメです




『人気ブログランキング』参加しております
お帰りの際良かったらポチっとお願い致します人気ブログバナー

スポンサーサイト

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

【2008/08/30 17:00 】
パン | コメント(9) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。