スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
<ボヌール>
Boulangerie Bonheur 梅屋敷店(梅屋敷;大田区)


<Bonheur>
こちらは京浜急行梅屋敷駅より徒歩8分ほどで、駅から伸びる梅屋敷通りと東邦医大通りのクロスした角にあるお店です
そうこちらのお店は、パン好きさんならご存じの方も多いと思いますが、三軒茶屋にある<ボヌール>さんの2号店なんです
今から丁度2ヶ月前の6月26日にオープンしたばかりなんです

<Bonheur>
入り口は商店街に面した側にあるのですが、東邦医大通りから見るとこのように見えます。白い大きな壁の上の方にじゃ『石窯パン工房』と書かれてます。

<Bonheur>
店内は白と茶色を基調とするとてもシックな色合いの造りがステキです壁をぐるりと囲むようにカタカナの『コ』の字型に商品棚が設えてあります。中央のかわいいテーブルにはクロワッサンとあんぱんが並んでいます。


<Bonheur>
ボヌール>のシェフはフランスご出身のデリアン・エマニエルさん。エマニエルシェフは、1932年にパリで開業された老舗ブランジェリー<ポワラーヌ>でご修行されたパン職人さん
フランスの有名なホテルやレストランでも<ポワラーヌ>のパンが使われているほどの名店です。
東京では日本橋高島屋でも週一で空輸した<ポワラーヌ>のパンが販売されていますね

<Bonheur>
エマニエルシェフは普段は三茶のお店にいらっしゃるのでこちら、梅屋敷店の店長さんは茂本さん。パンの色々な質問にも全て優しく答えて下さるとてもステキな店長さんです。

ボヌール>さんの会社のグループは三軒茶屋店とこちら梅屋敷店の他、フランチャイズで<リトルマーメイド読売ランド店><サンマルクカフェ西蒲田店><サンマルクカフェ京急蒲田店>があります。

<Bonheur>
パンのラインナップは食パンを始めとしてお菓子パンやドーナツ類、種類豊富で選ぶのが大変なサンドイッチ類や焼き込みのお総菜系、クロワッサンやデニッシュ生地のヴィエノワズリーたち、主力のハード系と幅広く毎日70種類ほどをスタンバイされているそうです
三軒茶屋店と全く同じ商品もありますし、こちらのお店のオリジナルも沢山あるそうです
所々にビニール袋が見えますが、ご試食を用意して下さってます嬉しいサービスですね


<Bonheur>
先ほど、上で『中央のかわいいテーブルにはクロワッサンとあんぱんが…』と書きましたが、そのこだわりのクロワッサンがこちらです
右側2列に並んでいるのは、パン・オ・ショコラです。

で、このクロワッサンの裏側には…

<Bonheur>
黒ごまとこしあんと小倉あんの3種類のあんぱんたちです。


<Bonheur>
パンだけではなく焼き菓子もとっても豊富にそろっているんです
こちらは“ケーク・オ・バナーヌ”。この他にサブレやマドレーヌ・フィナンシェなどもあります。
ギフトにしても喜ばれそうです

さて最後になりましたが、このパンやケーキを焼く大事な窯をご紹介しないといけません。
表の壁にも『石窯パン工房』と書かれてるのでもちろん石窯があるのですね。

それがこちらです

<Bonheur>
もう何度もこのブログでご紹介してますが、横浜の窯製造メーカー<櫛澤製作所>製の富士山の溶岩を使って造る溶岩石窯です

その使われている溶岩はなんと1万年以上も前の物だそう。
溶岩窯は普通の石窯よりも放射される遠赤外線の量が多いので、パンをムラなく包み込むように加熱するので中心までの火の通りが早く通常のオーブンよりも高温・短時間で焼き上がるそうです。
その結果、パンがパサつく前にしっかりと中まで火が通るので皮はパリッと香ばしく、中はしっとりとふっくら焼き上がるそうです。
溶岩にはプツプツとあく気泡がありその多孔質構造は保温と保湿力に富み、パンをふっくらソフトに、ボリューム感あるパンが焼けるそうです。
また溶岩に含まれる防菌効果でパンの老化を遅くし、雑菌の繁殖を抑える効果もあるそうです。


最後になりましたが、店名の“Bonheur(ボヌール)”はフランス語で「幸せ」という意味です



それではそろそろ買ってきましたパンたちのご紹介をしていきますね~

人気ブログバナー




クロワッサン
クロワッサン(¥150)
サクサクとした食感、バターの風味ゆたかなフランスの味をそのまま再現されたクロワッサンだそうです
長さは14cm×幅6.5cmほどの大きさです。
クロワッサン
表面の皮はハラホロサックサクです巻き終わりのこの部分がカリカリで大好きなとこ
表面からは香ばしいバターの香りが漂います。
クロワッサン カット
くるくるっと巻かれた層はこんな感じです外皮のサックサク感に対して中はしーっとりふんわりでやわらかぁ一口噛むとお口の中にはふわ~っとバターの濃厚な香りと甘みが広がります。すごく美味しい~やっぱりクロワッサンはバター決め手ですね『毎日の朝食に香り豊かな時をお届けします』と言うクロワッサン。朝食にぴったり、カフェオレとともにオススメです





クリームパン
濃厚クリームパン(¥130)
自家製の濃厚なカスタードクリームをたっぷりと包んだクリームパンです。
カスタードクリームは卵黄のみを使用して作られているそうです
12cm×8cmほどの大きさです。
濃厚クリームパンカット
右側の方がちょっと白っぽく光ってしまいましたが、カスタードクリームは卵黄のキレイなクリーム色なめらかでとろりんとして濃厚ですが、口どけがとても良いとても美味しいカスタードクリームですコクはしっかりとあるもののぼてっとした重たさはない素晴らしいバランスパン生地はしっとりとやわらかくふんわりと軽くほんのりと甘い、正に美味しいカスタードクリームを包み込むのには絶妙な食感パンの優しいお味とカスタードクリームの美味しさに思わず「うふん、幸せ」と言ってしまうほど。3時のおやつに是非オススメです




オニオンフランス
オニオンフランス(¥220)
玉ねぎとフライドオニオンを生地にたっぷりと混ぜて焼き上げたフランスパンです。
長さは23cm×幅は6cmほどの大きさです。
オニオンフランス
こんがりときつね色に焼かれた表面の皮はこんな感じです
パリッと焼き上げられてナイフの刃も弾くほどカリカリです
オニオンフランス カット
う~んなんともフライドオニオンの香りが香ばしく、もう否が応でも食欲をそそられてしまいますパリッとした皮に対して中はしっとりとしてもっちりとしたちょっと噛みごたえもある食感です大小様々に口を開ける気泡も美味しさのポイントみじん切りにされた玉ねぎはジューシーで甘みがあり、またフライドオニオンは香ばしさを引き立てWの玉ねぎを同時に堪能できてしまいます粉の旨味と玉ねぎの甘みとが重なる美味しいフランスパン。チーズとワインとともに…オススメです




『人気ブログランキング』参加しております
お帰りの際良かったらポチっとお願い致します人気ブログバナー



スポンサーサイト

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

【2008/08/24 17:00 】
パン | コメント(7) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。