スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
<オセアンブルー>その1
Océan bleu(神奈川県平塚市;その他のエリア)
  リンク先の『パンを求めて三千里』の“リスト”では<その他のエリア>の所に載せてますのでスクロールしてご覧下さい。


<Ocean bleu>
こちらはJR東海道線平塚駅南口より徒歩10分ほどの学園通り沿い、海岸にも近くの閑静な住宅街の中にあるパン屋さんです
青いテントがとてもステキ

<Ocean bleu>
店名の“オセアンブルー”はフランス語で「青い海・オーシャンブルー」の意味です
お店の場所も湘南の海岸にもほど近いこともあり“オセアンブルー”と名付けられたそうです。

<Ocean bleu>
お店の中のロゴはこちら真っ白な壁に描かれとてもさわやか~
こちらのオーナーである橋本高広シェフはかつては銀座のホテル西洋などでのご勤務、日本菓子専門学校でパンの先生を経られてこちらのお店を昨年6月にオープンされました

<Ocean bleu>
お店はとーっても広いんです白い壁とウッドを貴重とした明るくてステキな店内エントランスを入った瞬間思わず「わ~ステキ」と声を出してしまったほどです。
橋本シェフに伺うと、ウッドテイストは北欧をイメージし、海のイメージでライトをブルーにされたそうです。淡い水色がとってもかわいらしいんです

<Ocean bleu>
棚の上にとキレイに並べられたパンたち。勢揃いです

その向こうに見えるのがこのパンたちを美味しく焼き上げてくれるフランス製のオーブン
下火が強く高温で素早く熱が中まで浸透しお菓子パンのようなソフトなパンでもフランスパンでもしっかりと美味しく焼けるそうです。
オーブンが素晴らしいのはもちろんですが、美味しいパンが焼けるのはそれもこれもオーブンのクセを熟知されているシェフの技そのものだと思います


<Ocean bleu>
パンのラインナップは食パンを始めとしてクリームパンやメロンパンなどのお菓子パン、サンドイッチやフォカッチャ・焼き込みなどのお総菜系、クロワッサン・デニッシュ・ブリオッシュなどのヴィエノワズリー、フランスパン生地のハード系、ドイツパンなどと大変幅広く毎日60~70種類ほどスタンバイされているそうです


<Ocean bleu>
パンはどの種類も3つずつくらい並べられていて売れていく都度に新しいのが補充されています。特にコロッケサンドなどのお総菜パンは常に揚げたてのものを並べることを心がけていらっしゃるとのこと。それにサンドイッチもオーダーすると工房からできたてを持ってきて下さいます。スバラシイ

<Ocean bleu>
カレーパンやタマゴのパン、太いフランクフルトソーセージがサンドされたドッグパンなど…。
上の段にはフォカッチャたち。

<Ocean bleu>
季節のフルーツを使ったブリオッシュ。ツヤツヤでお顔がとてもキレイ


<Ocean bleu>
こちらは食パン類と自家製の天然酵母を使って作られたハード系のパンたちが大集合です橋本シェフはフランスだけではなくドイツでもパンの研修を受けられていらっしゃるとのことでドイツパンもお手の物本格ドイツパンもあります


<Ocean bleu>
食パンとハード系のパンの大集合のテーブルのすぐ脇にはこんなかわいいキッズスペースがあるんです
絵本なども置いてあるのでママと一緒に来店したキッズたちはここにちょこんと座って待ってるそうですよ~


<Ocean bleu>
橋本シェフと言えば何をおいても忘れてはいけないのが、『クープ デュ モンド』
この『クープデュモンド』とは3年に一度フランス・パリで開催される“製パン製菓機械の見本市(EURO PAIN)”で行われるパンのワールドカップのことです。そこでは3人1チームとなり12カ国の代表選手達がパンの技術を競い合います
3人の中でパン担当・ヴィエノワズリー担当・芸術的装飾パン担当と分かれて8時間という持ち時間の中で3人がそれぞれ自分の担当のパンを焼き上げます。
日本代表になるだけでも大変なことなのですが、何と2005年の大会で橋本シェフは芸術的装飾パンを担当として参戦され日本チームは見事3位に入賞されました
その時のトロフィーとメダルがこちらです燦然と輝いてます

『クープ デュ モンド』の公式サイトは→こちらです。(ご興味がある方は是非ご覧下さい)


それではそろそろ買って来ましたパンたちのご紹介をしていきますね


人気ブログバナー


クロワッサン
クロワッサン(¥150)
フレッシュバターを使って作られたサクッと軽いクロワッサンです
長さは14cm×幅7cmほどの大きさです。
クロワッサン
くるくるっと巻かれた層はこんな感じです
表面の皮はハラホロサックサクです。1枚1枚パリパリッとはがれていきます。
クロワッサンカット
中の層はこんな感じ隙間なくくるくるっと均一に巻かれていてキレイ底の部分は持って帰るときに押されてちょっといびつになっちゃいました(シェフごめんなさい
中はしっとりふんわりやわらかぁ~バターの甘みが美味しい~外皮のパリッとした香ばしさと中のしっとりとした甘みが同時に口の中に広がります。バターをたっぷりと使われているものの重たさはなくふんわりと軽い食感でとても食べやすいですちょっと温めてカフェオレとともに…オススメです





ほうれんそうとチーズのパヴェ
ほうれんそうとチーズのパヴェ(¥170)
ほうれんそうとチェダーチーズを練り込んだリュスティックです。
縦8.5cm×横9cm、厚みは5cmほどの大きさです。
ほうれんそうとチーズのパヴェ
真横から見るとこんな感じですしっかりとふくらんで高さもあります。
中にたっぷりと練り込まれれたチェダーチーズが表面からも溶け出しています
パヴェと言うのはフランス語で石畳のことです
ほうれんそうとチーズのパヴェ カット
リュスティックの生地なので中はみずみずしくしっとりもーっちりとした食感です。引きもなく硬くもないのでもちもち感を楽しめますこの断面からですとあまりわかりませんが、チェダーチーズが生地に折り込まれていると言う感じでちぎって見ると一面チェダーチーズが現れたりします粉の甘みが美味しい生地とチェダーがとても良く合い美味しい~緑のほうれん草の彩りもキレイです表面に霧をたっぷりと吹きトーストでチーズとろりのアッツアツが美味しいです。オススメです





クリームパン
クリームパン (¥130)
バニラビーンズを入れた自家製のカスタードクリームをた~っぷりと包んだクリームパンです。
11cm×8.5cmほどの大きさです。
どのくらいクリームがたっぷりかと言うと…

        

クリームパン カット
こんな感じですほとんどクリ~ム。バニラの甘い香りが心地良いクリームはぽてっとしてとてもなめらか、口どけも良くコクがありすごーーく美味しいんです濃厚ですが、口どけの良さから全く重たさを感じさせません。夏の暑いときでもとても食べやすいんですそしてその絶品カスタードを包むパンもしっとりとやわらかくてふんわり軽いの~ほんのり甘いとっても優しい味わいの菓子パン生地です。「うふ~ん、私、幸せ」って思わず言ってしまいますよ~。それほど美味しいクリームパンです。是非オススメです



『人気ブログランキング』参加しております
お帰りの際良かったらポチっとお願い致します人気ブログバナー
スポンサーサイト

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

【2008/08/10 17:00 】
パン | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。