スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
<マインベッカー>その1
Mein Backer(市川市 南行徳;千葉県)
  リンク先の『パンを求めて三千里』の“リスト”では<千葉県>の所に載せてますのでスクロールしてご覧下さい。


Mein Backer
こちらは東京メトロ東西線南行徳駅より徒歩15~6分の閑静な住宅街にあるパン屋さんです
大きく看板などは出てませんが、このかわいらしいおうちが目印

Mein Backer
こちらのオーナーさんでいらっしゃる宮崎 章シェフはあの桜新町の名店<ブロートハイム>さんでご修行されこちらのお店をオープン。今年の5月で12周年を迎えられるそうです
店名である“マインベッカー”ですが、ドイツ語で「私のパン屋さん」という意味だそうです


Mein Backer
店内は白い壁を基調としてウッドの商品棚が設えられとても温かい雰囲気です。商品棚も低めに設置されているのでとても見やすいです。パンは全て対面販売になります。

Mein Backer
ジャムやクッキーなどの焼き菓子も販売され、その他かわいい雑貨などがディスプレイされています


Mein Backer
ショーケースの上にはずらりとハード系のパンたちが並んでます。

Mein Backer
ドイツパンありフランスパンありでもう目移りしちゃいます


Mein Backer
スイーツのプルンダー(デニッシュ)も種類豊富旬のフルーツを使ったもの、栗、モーンプルンダーなどと目白押し


Mein Backer
ドイツパンのお店ではありますが、日本発のくりーむぱんやあんぱん、コロネなどもしっかり揃い幅広いお客さまに対応されてます。その隣にはさりげなくプレッチェルがぶら下がってたりして
パンの種類は幅広く毎日だいたい60種類くらいが登場するそうです。


Mein Backer
でもやっぱりメインはこちら本格ドイツパンたち
ベルリーナラントブロート・フロッケンセザム・プンパニッケル・フォルコンブロート・ロッゲンベッグ…などなどよりどりみどりです


なんと宮崎シェフが「工房の中も是非ご覧下さい」と仰って下さったので工房の中もご紹介します

Mein Backer
今まで上でご紹介してきたパンたちはこのドイツ製のオーブンで焼かれていますドイツパンは蒸気をあてて焼くものが多いので本場のドイツ製のオーブンの方が美味しく焼き上がるそうです
パンを仕込まれていらっしゃるのが宮崎シェフです


それではそろそろ買ってきましたパンたちをご紹介していきますね

人気ブログバナー




ゾンネンブルーメブロート
ゾンネンブルーメブロート(¥210)
ライ麦と全粒粉の生地に食用のひまわりの種をたっぷりと練りこみ周りにもまぶされた香ばしいドイツパンです
長さ13cm×幅7cmほどの大きさです。
ゾンネンブルーメブロートカット
外皮はパリッパリカッリカリに焼き上げられていてとーっても香ばしい香りを放ちますザクッと言う良い音を響かせながらカットしてみると中はしっとりもっちりふっくらとした生地です。全く硬くありません生地の全粒粉の香ばしさとプツプツとした食感のひまわりちゃんの香ばしさがお口の中ではじけます噛みこむと生地の粉の旨みとひまわりの種のオイル分が甘く合わさりとっても美味しいですまたひまわりの種にはビタミンやミネラルが豊富に含まれていてとーってもヘルシーライ麦パンとは絶妙なマッチングオススメです




クリームパン
クリームパン(¥136)
自家製のカスタードクリームをたっぷりと詰めたクリームパンです
横11cm×縦8cmほどの大きさです。
クリームパンカット
カスタードクリームにはバニラビーンズもたっぷりですバニラの甘い香りが優しく漂いますなめらかでコクがあり濃厚なカスタードは甘さ控えめで食べやすくとても美味しいですその美味しいカスタードを包むパン生地はふんわりとやわらかくお口に含むとすぐにとけていってしまいそうな軽い菓子パン生地です。ドイツパンだけではなく日本の菓子パンの王道、クリームパンもとっても美味しいですオススメです




ボーネンブロート
ボーネンブロート1/2(¥325)
ライ麦70%配合された生地に小豆が入った本格ドイツパンです
断面は縦7cm×横8cm、1/2本は9.5cmの長さですそれに重さがなんと300gどっしりです。
ちなみに“ボーネン”はドイツ語でお豆のことです
ボーネンブロートカット
ドイツパンの特徴であるライ麦の配合の多い生地なのでサワー種でおこされていますが、酸味は抑えられていてほとんど感じません。もっちりとしたかなり歯ごたえのある食感で噛むほどにライ麦のまったりとした滋味深い濃厚な旨みがじゅわじゅわと出てきます。これが実に食べやすく美味しい甘く煮上げられた大粒の小豆がどこをカットしても必ずごろごろ出てきてくれるのも嬉しいです宮崎シェフは「このパンはデザート感覚で召し上がってください」と仰っていらっしゃいました。薄く5~7mmくらいにスライスしトーストしクリームチーズを付けると正にデザートです甘い小豆とさわやかなクリームチーズが合わさりすごーく美味しいですクリームチーズはライ麦にも良く合いますしドイツパンは「硬くて酸っぱくて重たいから苦手…」と仰る方に是非召し上がっていただきたいです苦手を克服できちゃうかもオススメです



『人気ブログランキング』参加しております
お帰りの際良かったらポチっとお願い致します人気ブログバナー


スポンサーサイト

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

【2008/02/27 17:00 】
パン | コメント(7) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。