スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
<バンヤンツリー プーケット>その4
<BANYAN TREE PHUKET>

昨日は朝食をご紹介しましたが、今日はディナーをご紹介していきますね
<Saffron>と言うタイキュイジーヌのレストランです。

人気ブログバナー



Saffron
実は3年前に来た時は正装を持参しなかったためにドレスコードのあるこのレストランには入れなかったという苦い経験があったのです(梅吉が半ズボンしか持ってなかったため)
男性は半ズボンとサンダル履きの禁止、ジャケットの着用は必要なし。

Saffron
今回は準備万端。とおしてくださいました。
黒を基調とした内装にかわいいピンクのハスのお花が映えます

私達にサービスしてくれたのは“タイキュイジーヌのコース”でした
せっかく美味しいお料理をいただくのでワインをオーダー
ワインは最低でも2000バーツ位はするのでなかなかのお値段です日本円で¥7300位です。


付きだし
メニューにはない一品が運ばれて来ました。そう、これはワインをオーダーしたので付きだしと言いましょうか、“お通し”のようなものですね。
ココナッツが入ったパンとごはんを揚げておせんべいのようにしたもの。左のカレーソースにつけながらいただきます。“お通し”にしては大変ヘビーですね

次からがコース料理です

Saffron コース
前菜
一番左はカニの殻の中にカニ肉と豚肉ミンチをたっぷり詰めてカラッと揚げたものです
中はこんな感じにお肉詰まってました

前菜のカニ
プー ジャ

前菜の真ん中にあるのがこちら
前菜のエビ
クン サロン パン タ タライ
アンダマン海産の車えびのレモングラス串刺し ライスペーパーをグルグルッと巻きつけてカリカリに揚げたものです

前菜の一番右にあるのがこちら
前菜サラダ
ヤムヌァ
タイ産のハーブで和えたビーフサラダです

もうすでに前菜でお腹は八分目くらいまできちゃってるんですけどね…


トムヤムクン
トムヤムクン
タイ料理と言えばお決まりのスープ、ですね
カニ、エビ、ハマグリ…と海の幸満載の甘酢ッぱ辛いスープです。
熱いスープですがお洒落なガラスのスープ皿ですにんじんの飾り切りされたお花が添えられています


スープでかな~りおなか苦しくなってきた梅吉とkurumichanですが、次からがメインです


メイン エビ
クン パット ナム マ カム
車エビと野菜のタマリンドソース炒め
タマリンドと言うのは、亜熱帯や熱帯地方原産のマメ科の常緑植物で果実が食用になるものです。実は酸味が弱く甘みが強い調味料だそうです。

メイン 空芯菜
パット パック ブン
空芯菜のタイもろみ炒め

メイン カレー
ゲーン ペット ペット ヤーン
あひる、プーケット産パイナップル、葡萄、プチトマト入りのレッドカッレー

メイン ハタ
プラー ペー サ
ハタの姿蒸し 野菜の酸味スープ

これにスチームジャスミンライスがつきます。ジャスミンの香りがほんのりと香る日本で食べているのと同じように炊かれたごはんです陶器のおひつで出てきます。
このごはんを大皿に盛り付けておかずをそこに一緒にのせて食べると言うスタイルです。
この時点で頭がもう朦朧とするほど満腹状態でごはんの写真など撮るの忘れてました


フィンガーボール
フィンガーボール
何が出てきたのかと思いきやフィンガーボールでした。梅吉が指を突っ込んでいる四角い受け皿にはデンファレのお花とすだちのような柑橘系のフルーツが入ってます。スタッフの方が壷からお水をちょろちょろっと流してくれて指を洗います


さあとどめのデザートです

デザート
カノム タイ ラム
プーケットデザートの盛り合わせ
キレイでしょ~これ全部もち米で作ってあるんですよ
かぼちゃのカスタード ピーナッツとココナッツのバクラバ
ココナッツ味の米カスタード
マンゴーのもち米ココナッツソース
…などと言うものらしいのですが、満腹状態で“米”はきついです
フツーの状態で食べたらとっても美味しいと感じたに違いありません。甘みも控えめですしもっちもちの食感も良くもちろんお味もグーでしたので


コーヒー
やっと、〆のコーヒーです
たどり着いたぁ~と言う感じほっと一息。。
でもさらにココにもデザートが付いてましたん

コーヒーのデザートパイ
これはお持ち帰りしましたけどね…。
アプリコットジャムをハラホロサックサクのパイに包んだもの。美味しかったです。


期待通りと言いますか期待以上のお料理に心身ともに満たされました
タイ料理はただ辛くて酸っぱいと思われている方も多いと思いますが、全くそんなことはなくどのお料理も本当に食べやすくさらに美味しいです。どこの国の方にも満足していただけるような味付けをされているのだとは思いますが、どのお料理も基本的にはごはんに良く合うので特に日本人には嬉しいです
<バンヤンツリー>はSPAが世界的にも有名ですが、各国のゲストを満足させるハイレベルなお食事も人気の秘密だと思います。お値段は決して安くはないですが、このお料理と素晴らしいサービスをいただきにまた行きたいと思わせてくれるところです



『人気ブログランキング』参加しております
お帰りの際良かったらポチっとお願い致します人気ブログバナー







スポンサーサイト

テーマ:プーケット - ジャンル:旅行

【2007/08/15 17:00 】
旅行 | コメント(8) | トラックバック(1)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。