スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
<ししくい>
<ししくい>(徳島県 徳島市)

今日は、“パン”ではないのですが、この一連の『徳島&神戸美味しいもんツアー』での“美味しいもん編”と言うことでね…
現在神戸に住んでいますがご実家が徳島という、私の友人に「徳島での夜はどこで食事をしたら良いか」を聞いたところ数軒ほど挙げてくれてその中でもとにかくイチオシは<ししくい>さんということだったので今回お邪魔してみました
「絶対に予約を入れてね」とのことだったのでその日の15:00位に電話をすると、「20:00になります」ってと超人気店なんですね友人の言うこと聞いてちゃんと予約して良かったぁ。


<ししくい>
こちらは徳島市の東端・沖洲マリンピアに位置する海女料理の専門店です。徳島駅よりタクシーで15分ほどのフェリーターミナルのそばです¥1100ちょっとだったと思います。

<ししくい>
駅から歩ける距離ではないので駐車場も完備お昼も営業してます。

<ししくい>
はい、中に入ってみると敷石のたたきでおしゃれではないですか
それとともにぷ~んと「海の家」の香りが~~~ ざっぶ~んと音が聞こえてきそうです。
梅吉曰く、昔、日本海にカニを食べに行ったとき、宿泊した民宿の部屋のカニのにおいに満たされた中でカニを食べ、翌朝のみそ汁にもカニが入っているときの気持ちを思い出しました。。との事です。←関西の方なら一度ならずご経験があるはずです

<ししくい>
玄関入った正面の壁に掲げられている文章が書かれた敷き紙がお膳の上にスタンバイされています。
これです。

そもそも『海女料理』とは、なんぞやですよね。。
それは、新鮮な素材を、最高の味で召し上がって戴くために、テーブルごとにスタッフさんが焼き方や焼き加減を見極め、一番美味しい時を見計らって出して下さると言うものです。食材は徳島県南の宍喰町を始め、直送の新鮮な伊勢エビ・魚介類。自分の目と舌でしっかりと味わえます。

こちらの夜のメニューは、基本的にはコースです。
松コース(¥10,500)
伊勢エビ(刺身・踊り焼き・みそ汁)、あわびの刺身、車えびのおどり
踊り焼き(あわび・うちわえび・さざえ・はまぐり・ひおうぎ貝・かき)
煮付け1品、ごはん、香物、果物

竹コース(¥8,400)
伊勢エビ刺身、あわび刺身、車えびおどり
踊り焼き(あわび・うちわえび・さざえ・はまぐり・ひおうぎ貝・かき)
煮付け1品、伊勢エビみそ汁、ごはん、香物、果物

梅コース(¥5,250)
あわび刺身、車えびおどり
踊り焼き(あわび・うちわえび・さざえ・はまぐり・ひおうぎ貝・かき)
伊勢エビみそ汁、ごはん、香物、果物

…となっていて、私たちはそれほど量が食べられそうになかったので、新鮮で美味しい魚介類がお手頃価格で堪能できる梅コースにしました。
メニューには踊り焼きで、はまぐり・ひおうぎ貝・かきと書かれていますが、季節的にこの3種類はないのであわび・うちわえび・さざえの3種類のみです。


では、その梅コースをご紹介していきますね~

<ししくい>
スタッフさんが桶をかかえて持って来ました
この桶には、あわび・うちわえび・さざえ、車えびが入ってます。

<ししくい>
うちわえびって初めて見ましたが、こんな格好をしてるんですもちろん2尾入っていましたが、手際の良いおねえさんがさっさとコンロの上に乗せてしまったのでかろうじて1尾を写真に収めました

<ししくい>
あわびのお刺身
1人にあわび1個分のお刺身ですう~んなんと贅沢
東京じゃぁお会計が恐ろしくなってしまうあわびですがね。
コリコリとした食感と弾力のある歯ごたえに新鮮さを実感


<ししくい>
おねえさんが車えびの殻を手際よくむいてぽんと小皿の上にのっけてくれます
これがまた甘くてめっちゃ美味しい~


<ししくい>
うちわえびの踊り焼き
そろそろうちわえびも焼けてきました
ちなみにうちわえびの両隣りにはあわびもスタンバイしてます。

<ししくい>
焼けたぁ~うちわえびが焼けたので、殻からはずして皿の上に乗せてくれます。
これはすだちたっぷりのポン酢でいただきます。
う~んプリプリ、で甘味があるのはもちろんですが、えびのお味が濃厚。これ1尾でかなりお口の中は海老的満足度大でもう充分ですお味が濃厚なのでがぶがぶっとかぶりつくより、ちょっとずつ味わいたくなります。

<ししくい>
そうこうしているうちに、あわびもコンロの上で踊っているじゃぁないですか

<ししくい>
きゃ~焼けたぁ~
あわびの踊り焼き完成でっすどっしりと重たいあわび。おはしではさんでかぶりつく幸せはもう筆舌には語り尽くせません
うわわ~良い経験をさせてもらいましたわぁ~


<ししくい>
あわびの踊り焼きをを食しているともうコンロの上は次なる準備が整っております
んんこれはなんでしょう。ざるがかぶされています。
ちょっとざるをとってみましょう

<ししくい>
ひゃ~今度はさざえでしたぁ
さざえはふたが飛んだり、お水が飛んだりするそうなのでざるをかぶせて焼くのだそうです。
ちなみにこれは二人分なので一人さざえは3個も食べられるのね~。
最初に食べた車えびの刺身の頭も空いた部分で焼かれています。


<ししくい>
きゃ~焼けたよ~
焼き上がるともちろんおねえさんが殻から出してお皿の上にぽんと乗せてくれます。
これもやはりすだちたっぷりのポン酢でいただきます。
さざえもあわびと一緒でカリコリの食感と弾力ある歯ごたえを思う存分堪能できます。
さざえは苦みも特徴ですね。磯の香り満載

<ししくい>
最後は〆にごはんと伊勢エビのみそ汁です。香物はたくあんでした。

<ししくい>
伊勢エビのみそ汁
伊勢エビのお出汁が~うわわ~これめっちゃ美味しい具は鳴門わかめだけですが、最高のおみそ汁にご満悦これだけでごはん二膳くらい食べれそう


<ししくい>
デザートはメロンと柚子のシャーベットからのチョイスだったので私たちはメロンにしました



<ししくい>さんのこのお料理、高級食材をこれでもかと堪能させて頂き、東京では味わえないお味を楽しませて頂き、貴重な経験をさせてもらえました。
美味しいお店はやはり地元の方に教えて頂くのが一番ですね
ごちそうさまでした




『人気ブログランキング』参加しております
お帰りの際良かったらポチっとお願い致します人気ブログバナー




お店の情報
<ししくい>
徳島県徳島市南沖洲4丁目-5番7-1
088-664-0990
営業時間 11:30~22:00
スポンサーサイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

【2009/10/24 17:00 】
徳島 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。